COLUMN

2019/10/05

イケア長久手店 エントランスの幡豆石

イケア長久手店 エントランスの幡豆石の写真

 

前回、幡豆石のご紹介をしたので

今回はその幡豆石を使ったIKEA長久手店さんのエントランスの紹介です。

 

 

IKEA長久手店

今年のゴールデンウィーク前に施工した現場なのですが

きっかけは

 

「IKEAというロゴの前で写真を撮る人がたくさんいて芝生が傷んでしまうのです」

 

っという事でした。

 

「そっか~、なるほど、時代だなー。」

 

と思いましたね

 

きっとインスタグラムなどにアップする人がたくさんいるんでしょうね

話を聞くと日本のイケアの中で壁の低い位置にロゴがあるのは長久手店だけのようです。

 

なるべく自然な雰囲気で、土目地にしたい。

ナチュラルなイケアさんの企業イメージに合うものを、という事です。

 

なるほど、なるほど。やはりそういうところって大事ですよね

 

 

なお且つお客様が歩いてあまり凸凹していても困るし

 

っという事で厚みがあり、セメントを使わずに土目地に出来る素材という事で

幡豆石を選びました。

 

ハイヒールで歩いても先が刺さって抜けないなんてことが無いようにと

目地は3cmから5cm程度でということで、ざっくりとした素朴な雰囲気になりそうです。

幡豆石 イケア長久手

 

 

店舗を営業しながらの工事だったのでオープン前に機械やトラックを入れて

普段ほとんど使わないヘルメットを着用しての工事でした。

 

 

なによりびっくりしたのがイケアさんのスタッフの人たちが使うスペース。

 

キレイでシンプルな通路。

お客さんが来ても良いような雰囲気でイケアの商品がディスプレイされていたり

オープニングスタッフの集合写真やスタッフのコラムのようなものが貼ってあったり。

 

「う~ん、ステキ。なるほどー!!」

 

社員の方はみなさん外注業者の僕らにも気軽に挨拶をしてくれて

みなさんファーストネームやニックネームで呼び合っているようです。

ほーーっ、「ザ・外資。」って感じ、なるほどー

 

 

そして社員食堂もきれいで、値段も安くて、おいしい。

 

工事の期間中、このお昼を現場スタッフみんな楽しみにしていました。

 

 

むむむっ、なるほどー。世界展開していく企業というのはこういうものか

 

 

っと一人で、いや工事スタッフみんなで感心しきりでした。

 

 

 

工事も担当の方が臨機応変にいろいろ対応していただき

スムーズに終えることが出来ました。

ジョージさん、ありがとうございます。

 

打ち合わせから工事期間中まで結局一度も「ジョージさん」と呼べず、

名字で呼んでいましたが・・・・。

 

 

ホントは「ジョージさん」って呼んでみたかった。

 

 

これからどんどん馴染んで、良い雰囲気になっていくと思います。

イケアに行ったときは、エントランスの石張りにも少し目をやってくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

そう、工事期間中は一般のお客様が使うスペースには立ち入り禁止だったんですが

 

お店から出てくるお客さんがけっこうなな割合でソフトクリームを食べてました。

看板を見てみると「¥50-」

 

!!!っ、なるほどー

 

工事期間中ずっと、、、ずっと食べたかった。