COLUMN

2018/06/14

池のある庭

池のある庭の写真

いよいよ池のあるお庭の完成です。

 

完成して半年程度経った写真です。

 

池と植物が馴染んできましたね

 

 

 

 

9E19B49A-86A4-4EE2-A3D5-279AE30ACCCE

根府川石の飛石の向うに池が見え隠れ

 

 

 

 

 

大きくくの字を描いて流れから池に落ちる水

 

 

 

 

 

 

D3ED0242-2F6F-4DC1-9C1C-F12A95359497

 

水質も安定しているようですね。

スイレンもだんだん大きくなってきました。

 

452CCA74-9E7A-43D3-839E-8A957F0D4CAF

 

リーフスキマーの蓋もこんな感じでカモフラージュ

 

 

 

 

 

 

水質の安定に役に立っているのが、

 

 

実は池の構造にあるんです。

 

 

池と流れのある庭

↑こちらでベースを深く作っていたのですが、

実際の池の深さは35cm前後ですがベースは倍の80cmの深さがあります。

 

 

 

 

???

 

 

 

何が入っているの?

 

 

 

 

 

実は砂利が入っているんです。

豆砂利と呼ばれる10mmくらいの砂利です。

 

 

そして砂利の底にはリーフスキマーのポンプで吸われた水が出てくるように配管されており

砂利の中から湧水のようにじわじわ水が出ているのです。

 

 

この砂利が水質の安定に非常に大切だといわれています。

 

この砂利の中に無数のバクテリアが住み着いて、

水の中の余分な栄養や汚れを掃除してくれているんですね

 

大体池の深さの30%以上が良いそうです。

 

このひと手間をかけることが大事なんですね。

 

 

 

実はお客様は池で生き物を飼うのがご希望で

お引渡ししてしばらくして、飼ったそうです。

 

 

 

 

 

ランチュウ

 

分かりますか?

 

10cmほどのランチュウが3匹!!

 

金魚の産地、弥冨市までわざわざ行って選んできたそうです。

 

 

その名も「ラン」「チュウ」「チャン」

 

きれいな色ですよね

フリフリとおしり(?)尾っぽ(?)を振って泳ぐ姿がかわいい・・・・

 

きっとお世話が良いのでしょうね、ぷりぷりでお肌(?)のツヤも良く

見ていると3匹いつも一緒にいるようです

エサをあげる時には寄ってきて手に触れるほどだそうです

(おかげで写真を撮ろうと池に近づいたら寄ってきてくれました)

 

 

メンテナンスでお伺いした時に奥様、ご主人とも嬉しそうにランチュウの話をされるのを

聞いているのが・・・・・・、幸せです。

 

「たのしんでいただいているなぁ~」と実感できる瞬間です。

 

 

 

その他にもタニシとモエビを入れています

生き物がそばにいる暮らし、良いですよね

 

 

 

なかなかお庭に池を持つという事はできることではありませんが

素敵なものですね

 

 

この景色がどんどん良くなっていくように

植物や池のメンテナンスもしっかりやらねば!と決意する次第です。