COLUMN

2015/12/17

年の瀬、冬の一日

年の瀬、冬の一日の写真

年の瀬も押し迫ってくると、

お正月までに綺麗にしたいというお客さんのお庭に

一軒でも多くお伺いしようと

庭師さんたちは大忙しです。

 

 

そんな寒い冬の一日

 

大きな松

 

大きな松、一番上を手入れするときは

2回の部屋も見下ろすくらいの高さです。

 

 

独立してすぐの頃からお世話させてもらっているので

かれこれ10年くらいは付き合いのある松です

もちろん、僕よりだいぶ先輩の木ですね

ここのお家のお嫁さんが(僕の母と近い年の頃の方です)が

お嫁に来た時におばあさんの実家から引っ越してきた松らしく

それから40年近く、そのころにはもう背の高さは今くらいあったそうですので

古稀か、傘寿か、いやいや100歳ではきかない歳の松かもしれませんね。

 

 

 

まだまだ若造のひよっこの庭師は

朝からこの先輩に登りせっせとお手入れ

 

上から順番にくるくる回りながら、パチパチ、チョッキン。

 

「おっ!マツカレハ」

 

まつけむし

わかりますか?

 

わかりにくいですよね。

幹や枝によく似た色や模様の体なんです

 

 

まつけむし2

 

コモ巻をして捉えられてしまう虫の代表選手です。

こもまき  ←チェックしてくださいね。

 

やっぱり木の上に結構いるんですよね。

 

 

毛虫とたわむれ、写真を撮り。

 

 

また、木に登り

 

一日中、

 

・・・・時々歌を歌ったり

 

 

日がな一日、

 

 

・・・・時々、木の上で背伸びをしたり

 

 

朝から日が暮れるまで

 

 

 

一本の木の周りをグルグル、ぐるぐる。

 

 

 

・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

でも、剪定し終われず・・・・・。

 

 

考えてみたら、つくづく

不思議な商売ですね。

 

 

この松にしてみたら

 

「人間て変な生き物だな・・・・、他にやることあるだろ。・・・・・ヒマか?」

 

 

って思ってるんじゃないでしょうか。

 

 

結局、毎年一日半以上はこの木にかかってしまいます。

 

 

 

 

でも、仕上がればやっぱり気持ちいい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

やっぱり、なかなか素敵な良い仕事ですよ

うん、

 

 

 

そんな年の瀬の、庭師の一日。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手はカサカサ、松やにで真っ黒、葉っぱがささって真っ赤っか。

 

でも、やっぱり良い仕事。